BI CI CLASSICA ( ビ チ クラシカ)

  • トップページ
  • ビチクラシカについて
  • オリジナルブランド
  • ブログ
  • 会社概要
HOME > ブログ

最新情報

カテゴリー

過去の記事

ツイッターはこちらから
FaceBookはこちらから
メールはコチラから

こんにちは!!

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!!

先ほどデジカメの画像を取り込もうと

写真を選択していたらこんな写真が…

ものっすごい美味しそうな感じの写真。

完成の図。

またしても作ってはりました。

ジジが一人でコッソリ写真に納めていたので

力作を皆様に見て頂きたかったのか…

確かに美味しそうな仕上がりなのでお披露目しておきます。

夕食前に口寂しくなるこの時間。

ますますお腹がすいて参りました。

夕食までガマンガマン。。。。。

さてさて。

商品リストでも掲載しておりましたこのお方。

私が当店で一番ビューティフルだと思っていたCOLNAGO ~MEXICO 1983’S~

大人たちにまみれてしっぽりと隠れていたので

当分お別れすることはないかと思っていたのですが

なななんと、つい先日嫁ぎ先が決まってしまいました。

有難い事この上ないのですが

このお別れは本当に涙ものでございます。

幸せになれよっ。。

美しいのはわかっておりますが、次オーナー様の為に

さらに磨きに磨きをかけてCOLNAGO共々、お待ちしております。

470mm(C-C)というレアなサイズだけに

当店でも珍しかったのですが、実はもう一台レアサイズがございます。

コチラ。

Gianni Motta ~1976′s~

サイズ 475mm(C-C)

ジャンニ・モッタ氏は1964年から1976年までプロ生活を送り

数々のレースで優勝を勝ち取ってきた名選手。

プロ引退後には自身のネームブランドでフレーム工房を立ち上げ

ビルダーとして活躍されていたという経歴の名車。

そしてこの当店のMOTTA車が1976年ということは

ビルダーとして活躍し始めた初期のものですね。

当時は個人が町工場でオーダーをするというのが

主流だったようですが、このフレームサイズだと

ジュニア向けに作られた可能性が高いのではないでしょうか?

でもトップチューブが若干長いからか、475mmには見えないバランス感。

細かな色使いと彫刻が素晴らしい一台でございます。

MOTTAの『M』を三色旗にしてしまうあたりが

実際にレースを走り抜けてきたからこそ出せる

ユーモアなセンスでだなぁ。

とシミジミ。。

こんな所で可愛さを魅せられたら

もうイチコロでございます。。。

おっと。

あやうくCOLNAGOから浮気してしまいそうになりましたゎっ

心を揺さぶる魔性のMottaでございます。

皆様。

容易くMottaの虜にならぬよう注意して下さいませっ

Ciao!!

前の事例を見る 次の事例を見る