BI CI CLASSICA ( ビ チ クラシカ)

  • トップページ
  • ビチクラシカについて
  • オリジナルブランド
  • ブログ
  • 会社概要
HOME > ブログ

最新情報

カテゴリー

過去の記事

ツイッターはこちらから
FaceBookはこちらから
メールはコチラから

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!

今日は暖かいですね。

半袖を着て歩いている人もチラホラ・・・

ここ最近続く春の陽気。

ようやく薄手の装いで走れるようになってきたので

お客様も半袖ウールジャージを求めて

ご来店される方が増えてまいりました。

で・・・

サイズ・種類ともに商品が欠け始めていたところですが

待ちに待った半袖ウールジャージが

来週入荷されます!!

待ってましたーー!!

「ウールジャージはチクチクしそう。」

とか

「汗かいたら不快そう」

とか

今の化学繊維を用いたサイクルウェアに比べると

若干抵抗のある方もいらっしゃると思いますが。

実はウールならではの「良さ」がちゃんとあるんですね。

確かに夏は無理だろう。

ってな顔してはりますが。

まず何よりも見直されるべき事は

『天然素材』であること。

そう。

天然素材に敵うものはおりません。

なぜって

『冬は暖かく、夏は涼しい』

という最強の武器をもっているんですもの。

合成繊維はある一種の特徴はずば抜けて優れているのはもちろん承知です。

なので

『夏は汗を吸い取りやすく、乾きやすい』

でも。

冬はどうぞタンスの中でお眠りください。

といった感じです。

夏だけ100点。

冬は0点。

みたいな感じ・・・・笑

それに比べるとウールジャージは年間通して80点。

おいおい。

出来すぎやないか。笑

しかも、湿気を吸収して、さらに放湿してくれるという優れもの。

なので昔は夏でも冬でもウールジャージが愛用されていました。

一枚で年間通して活躍できちゃうんですね。

便利なものが出てくると

ついついそれに乗っかって

『より快適なものができた!』

と思いがちですが

昔からの知恵というのはながーーーいスパンで見た時に

とても効率良く、無駄のないように作られているものが多い。

だから1シーズンで終わり。

というものはほとんどありません。

長く、大切に使うものだからこそ

縫製もしっかりしています。

そして何よりも譲れない所が

『見た目』

のかっこ良さですかね。笑

高級感のあるチェーンステッチや

職人の手が感じられる刺繍は

今ではなかなかできない手仕事が凝縮されています。

きっと

そういった時間をかけて作られてきた

『知恵』や『着心地』は

着た人だからこそ体感できるものなんだと思います。

私も最初は

ウールジャージって見た目だけで使い勝手悪そう。

とか

ものすごくネガティブに捉えてたんですけど

ここ最近ほぼ100%で

一度購入された方がウールジャージを求めてご来店されるんです。

不思議に思っていたんですけどね。

色々と話をする中で

改めてウールジャージの良さに気づかされました。

私が営業トークをしたわけでもないのに

ウールジャージ自らが愛用者様達の心を鷲掴みにして

当店に足を運ばせてくれるまでになっていただなんて。笑

ありがとう。

ウールジャージ。笑

そんなこんなで

来週のニューフェイス達の入荷が

待ち遠しくて仕方ないのです。笑

ちなみに!

フライングでこんなものが入荷されました。

その他諸々デットストックものばかり。

その他の写真はコチラ

こんなものも。

ほんと

フライング程度の数です。

来週入荷されたらまた告知させて頂きますね!

では・・・

Arrivederci!!!

商品リストはコチラ

前の事例を見る 次の事例を見る