BI CI CLASSICA ( ビ チ クラシカ)

  • トップページ
  • ビチクラシカについて
  • オリジナルブランド
  • ブログ
  • 会社概要
HOME > ブログ

最新情報

カテゴリー

過去の記事

ツイッターはこちらから
FaceBookはこちらから
メールはコチラから

こんにちは。

今年はツーリングデビューすると言っておきながら

またしても昨日の告知で

『いってらっしゃい!!』発言してしまったと

少しばかり反省している私でございます。

「オイオイ、お花見シーズンに行かなきゃいつ行くんだよ。」

ってブログを見ている常連さん方に

突っ込まれてると思います。笑

わかってます。わかってます。

ちゃんと聞こえてますよーーー!!笑

私は参加できない分、てるてる坊主たくさん作って
 
楽しいツーリング日和になるよう祈っときますので…!www

さてさて

本日は…

現存する自転車ブランドの中では

世界最古の歴史を誇るBianchiのご紹介!!

今年で130周年を迎えます。

Bianchi ~1973年~

SIZE:535mm(C-C)

名だたるトップ選手が大きなレースで輝かしい成績を残し

その名を世に知らしめてきた

知る人ぞ知るBianchi

今でこそ自転車を知らない人でも気軽に乗ってしまえる

そんな手の届くブランドとして認知されていますが

当時は『Bianchi』と言えばトップ級クラスでございました。

ジジもアマチュア時代、最初に選んだロードバイクは

憧れの存在であったBianchiだったという話。

Bianchiの象徴である当時のオリジナルのチェレステカラーは

今とは少し違った風合いがあり、時代を物語っています。

今回ご紹介したBianchiは CAMPIONE DEL MONDO 12Vというモデルです。

このモデルは1953年に

あのFaust Coppiがluganoで開催されたチャンピオンシップで優勝したことにより

『CAMPIONE DEL MONDO』という名でモデル化され

数十年に渡って生産されたものです。

同じBianchiでもモデル一つ一つに意味があり

その時代背景を知ることで

改めて違った視点から見ることができるのかなと。

長い歴史をもつBianchiだからこそ

一まとめで「Bianchi」というブランドを見るのは避けたいと。

「Bianchiって誰でも乗ってるよね」

とか

「Bianchiってありきたりだよね」

なんて発言はしたくないと思ったわけです。

そうそう自転車の世界で130年も残る会社なんてありゃしませんから。

こういった偉人といわれる選手や作り手や経営者が

みんなしてブランド力を高める動きができたからこそ

ここまで大きくなったのだと思うし。

その中に刻まれる

歴史ある一台だと思うと

全く違った価値が見えてくるわけでして。

そういう風に

モノの真髄みたいなものを

感じて手にする事ができれば

一生に二つとない自分だけの世界観が

持てるような気がします。

なんていう風に思えるようになったのも

ヴィンテージクロモリロードに出会ったからだなぁ。

なんて

一丁前に

ツーリングに行った事もない私が思ってしまうほど

魅力のある世界ではあると思います。笑

自転車って素敵。。笑

実はもう一台スペシャルなBianchiが

レストアしたてで店頭に並んでおりますので

次回ご紹介させて頂きますね★

Ciao!!!

商品リストはコチラ

次の事例を見る