BI CI CLASSICA ( ビ チ クラシカ)

  • トップページ
  • ビチクラシカについて
  • オリジナルブランド
  • ブログ
  • 会社概要
HOME > ブログ

最新情報

カテゴリー

過去の記事

ツイッターはこちらから
FaceBookはこちらから
メールはコチラから

こにゃにゃちわ。

前回、フライングでツーリング告知ブログを書いてしまったので

今回はしっかりと書かねば!!

と意気込んで

ここ2か月ほどのビチクラシカの現状を

つらつらと書いておりましたら

ものっすごい話が脱線していって

挙句の果てには

自転車ネタが1ミリも出てこずに

話が終わりそうになったので

ちょっと冷静に読み返して見て

・・・・・・・

いや、これ私の日記やん。

ってなったので全部消しました。笑

ここ、自転車屋さんやったわ。

アカンアカン!!

久しぶりに書くから

みなさんと色んな話共有したくて

危うくビチクラシカブログである事を

忘れそうになっておりました。。。

なので

日常の報告はまたちょこちょこと

小出しに書いていきます。

さてさて

気を取り直して

久しぶりの自転車紹介です。

結構前に組み上げていたので

もう知ってるよ~

という方も多いかと思いますが。

ジャジャーーン(言い方古ッ!)

PALETTI ~1980年代後半~

SIZE:530㎜(C-C) 

こちらは数年前にジジがパレッティさんの所へ

訪れた際に直接購入させて頂いた一台です。

パレッティさんの紹介は以前にさせて頂きましたので

今回は省略させて頂きます。

まだ読まれていない方はコチラから

↓↓↓

PALETTIさんブログ

今ビチクラシカに一番多く置いてあるブランドかもしれません。

その中でも

今回ご紹介するのは

一番グレードの高いもの。

Cレコードの時代にここまで肉抜きする?!

てな感じの一台。

どうぞご覧ください。

ふぅ~~

状態も素晴らしいですね。

これはパレッティさんのところに新品同様に置いてあった

デットストックなんですって。

それもそのはず。

この状態の完璧さ。

さっき作りました??

って言いたくなります。

しかもパレッティさんと言えば

『刻印の達人』(勝手に私が言ってるだけ…)

ほんと

二回目ですけど・・・・

Cレコードの時代にここまで肉抜きする?!

肉抜きというか

もはや装飾。

軽量化目的ではないよね。

きっと。

リアディレイラなんて

パレッティ刻印入れる為の

Campagnoloマークの無視の仕方がスゴイ。笑

「コチラ、うっすら後ろに見えますのがCampagnoloでございまぁす♪」

とか

こんな独り言呟きながら

写真撮ってた始末。

良いですね~

この、いつなんどきでも

攻めてる感じが!!

こういう自転車見てると元気でてきます!!

店頭に置いていたら

なで肩で

バーテープも巻かれてなくて

なんかひっそりといておりますが

実はものすごいパーツビッシリ履いていらっしゃるので

是非遊びに来られた際は見て行って下さい。

入口はいって

すぐ右側の

ちょっと段上がったとこの

手前に置いてますので。

(友達んちか!!)

それではみなさま

今週も良い週末を!!

Ciao!!

商品リストはコチラ

前の事例を見る 次の事例を見る